俳優・モデル兼、ポージングディレクター・イメージコンサルタントである中井信之が「ポージング」について実践的なアドバイスを行います。

定番のポーズ

127 定番ポーズ

ここでは、「女性らしい」ということを、「(外見における)頼りなさと受動性としての美」とします。

顔に手の平や、指を添えると
女性らしい雰囲気を出すことができます

なんとなく不安で自分(の顔)に触れている、あるいは、ささえている、といった雰囲気になるからです。こういった仕草は、“たまたま無意識にそういう形になっていた”というようにポーズをします。
綺麗にみせるために形を作るように手を添えると、いかにも撮影のためにポーズをしているようで、写真全体がわざとらしくかえって軽薄な感じになります。

あごに手を添えて顔をのせるときなどは実際に顔の重みを掛けると顔がゆがむので注意します。

次のページはこちら

手と首の関係ポーズはこちら

お問い合わせはこちら

E-mailでのお問い合わせはこちら

代表者プロフィール

中井信之 (なかいのぶゆき)

ポージングディレクター・
俳優・モデル・劇作家・
演出・イメージコンサルタント

詳しい活動内容はこちら

所属

国際イメージコンサルタント協会AICI/青山オフィス/日本ポージング協会

講師

ワタナベエンターテイメントカレッジ/渋谷ファッション&アート専門学校/明治座アカデミー/BLEA 専門学部など

Be-AISのFacebookページはこちらです

ブログ『表現するって何だろう?』はこちら

ご連絡先はこちら

Be-AIS (ビーアイス)

お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせフォーム