俳優・モデル兼、ポージングディレクター・イメージコンサルタントである中井信之が「ポージング」について実践的なアドバイスを行います。

腕や手首をかるく折る

050 225

腕の位置の基本は体のラインに添わせます。
腰に手を置くように体の一部に触れると安定感がでます。全身の写真でポーズが単調になったときは腕の形を変えれば全体の印象がガラリとかわります。

腕をそのまま体の横にだらりとたらすと、棒切れのよう非常に長く見えます。この場合は「ひじを折る・手首を折る」などアクセントをつけ、腕の長さをそのままの直線で見せないようにします。

(何もせずに無防備で立っているといったイメージのときは、腕もダラっとたらしたままです)

ひじや、手首のつくる角度は体に対して内側を向ければ落ち着きがでて、外側に開けばダイナミックな印象になります。

手先の基本 ポーズ

手先の仕草には女性らしさが現れます。

まず指は小指から人差し指にむかってなだらかに曲がるようにかるく握るのが原則です。顔の近くに持ってくるときは、手が以外に大きいことも意識して下さい。
柔らかい表情に手先を添えるときは、手の甲はゴツゴツしていますから側面を見せるようにします。

なだらかに指をまげる

054 225

055 225

次のページはこちら

顔と手の関係 ポーズ

お問い合わせはこちら

E-mailでのお問い合わせはこちら

代表者プロフィール

中井信之 (なかいのぶゆき)

ポージングディレクター・
俳優・モデル・劇作家・
演出・イメージコンサルタント

詳しい活動内容はこちら

所属

国際イメージコンサルタント協会AICI/青山オフィス/日本ポージング協会

講師

ワタナベエンターテイメントカレッジ/渋谷ファッション&アート専門学校/明治座アカデミー/BLEA 専門学部など

Be-AISのFacebookページはこちらです

ブログ『表現するって何だろう?』はこちら

ご連絡先はこちら

Be-AIS (ビーアイス)

お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせフォーム